2018年09月12日

農研機構の新技術新品種プレスリリース

9/6に農研機構がプレスリリース4件を発表しました。業務加工用の露地ほうれん草の機械収穫技術と、水稲新品種3品種。水稲品種は、業務加工用米「あきだわら」の晩生耐病化バージョンの「恋初めし」、と高アミロース米「越のかおり」の晩生多収化バージョン「亜細亜のかおり」。そして最もインパクトがあるのが、高温耐性に優れた多収の極良食味水稲新品種 「にじのきらめき」 これは、この冬の成績検討会で概要を聞いて、日本の品種改良技術の現時点での到達点だと感じ入った品種です。まったくスペックに死角がない。コシヒカリと出穂期が同じ。「コシヒカリ」に比べて標肥栽培で15%程度、「コシヒカリ」が倒伏する多肥栽培では30%弱多収。玄米の外観品質は「コシヒカリ」よりも良好で、高温耐性強。食味は「コシヒカリ」と同等。短稈で倒伏に強く、穂いもち+縞葉枯病にも強い。関東の平坦部のコシヒカリ地帯に特におすすめ。
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/082656.html
posted by EX-Ricebreeder at 21:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

西日本新聞に農研機構九州沖縄農研のイチゴ研究が取り上げられました。

西日本新聞に農研機構九州沖縄農研のイチゴ研究が取り上げられました。「国内の主なイチゴ、どれも「久留米由来」 九州沖縄農業研究センター訪問 続々と新品種を開発」詳しくは記事をお読みください。http://qbiz.jp/article/137927/1
posted by EX-Ricebreeder at 21:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

半矮性遺伝子sd1座の対立遺伝子が、水没したときに茎を伸ばす浮きイネ性に関係

イネにおける「緑の革命」を担った半矮性遺伝子sd1座の対立遺伝子が、水没したときに茎を伸ばす浮きイネ性にも関係していたという発表です。https://news.mynavi.jp/article/20180718-665388/
posted by EX-Ricebreeder at 21:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

7月28日(土曜日)に、茨城県つくば市の農林研究団地の会場において、「夏休み公開2018」を開催します。


農研機構は、 7月28日(土曜日)に、茨城県つくば市の農林研究団地の会場において、「夏休み公開2018」を開催します。
「実感!食と農のサイエンス」をテーマに、親子で楽しく遊びながら学べるイベントなど多数の企画をご用意しています。
小中学生等に農業と科学に関する夏休みの宿題のヒントを提供します。お待ちしています
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/naro/081588.html
posted by EX-Ricebreeder at 07:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

フランスパン用小麦新品種

これまでになかったパン用品種。九州向けの従来品種「ミナミノカオリ」より栽培もしやすくなっているとか。品種化にあたっては「鳥越製粉」ほか企業にご協力をいただきました。http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/karc/081542.html
posted by EX-Ricebreeder at 21:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする