2011年10月06日

飼料イネ「タチアオバ」の採種圃検討会

大分県で草地畜産種子協会が行っている
WCS専用品種「タチアオバ」の採種圃の現地検討に
言ってきました。

これが全部「タチアオバ」、合わせて約2haで
栽培されています。順調なら300ha以上の
作付用の種子が生産されるでしょう。
DSCF6763.jpg

採種圃とはいえ、これをサイレージにすれば
さぞかし多収だろうというような姿で育っています。
DSCF6769.jpg

これこそが飼料専用の多収品種の実力です。
(もちろん、管理されている農家のご努力も大ですが)

前の記事で紹介したWCSとは、ずいぶん違います。
posted by EX-Ricebreeder at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼料イネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

通勤路で飼料イネの田んぼを見つけたのですが・・

通勤コースの道沿いに飼料イネの田んぼを発見
足を止めて観察してみました。

こちらは、「モグモグあおば」でしょう。
まだ出穂前ですが。おそらくサイレージにするのでしょう。
DSC01272.jpg

フタオビコヤガにだいぶ葉を喰われています
穂が出る前にもう一度防除すれば良いと思いますが・・・

こちらは、少し離れた場所(別の農家さんでしょう)で見つけた
「ミズホチカラ」
DSC01275.jpg

穂も大きくて良い生育、といいたいところですが
まだ穂が出そろったばかりなのに田んぼに水がありません
地面は真っ白にひび割れていて、かなりの期間水を入れていないようです。
DSC01274.jpg

稲は出穂開花の前後は一番水を必要とします.この時期にこれだけ水を
切ると、収量に少なからず影響するのではないかと危惧しています。

通勤のたびに数日間気にしてみて通りますが
水を入れる気配はありません(稲がかわいそう!)

飼料イネは、食用の稲のように手間やコストが掛けられない
のはわかりますが、出穂前後に水を保つのは、稲作りの
基本中の基本です。それをおろそかにすれば、せっかくの多収品種の
能力も活かせませんし、コスト削減にも逆効果だと思います。

技術者として現場に伝えなければいけないことは
まだまだ、たくさんあると実感しました。
posted by EX-Ricebreeder at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼料イネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

ハイグレードWCS研修会 その2

前の記事の続きです
八代の干拓地でのWCS収穫実演

農機メーカーさんが最新鋭のサイレージ収穫機械を
何台も持ち込んでいました。
DSCF6665.jpg
DSCF6668.jpg
DSCF6697.jpg

実演も迫力満点と行きたいところですが
肝心の稲が・・・
DSCF6672.jpg

この一体はもち米の生産団地ということで
もち米しか植えたくないという理由で
(コンタミ防止の観点からは、それはもっともな理由なのですが)
食用のもち米、しかもずいぶん短稈の品種を
サイレージ用に植えていました。
はっきり言って、機械の方がオーバースペックでした。
DSCF6683.jpg
DSCF6687.jpg
DSCF6688.jpg
機械の能力が試されるような、生育旺盛な
WCS稲が見たかったです。

その後、近くの市民会館で検討会
ここで、最近のWCS専用品種について
話題提供をさせていただきました。
DSCF6703.jpg
DSCF6701.jpg

ずいぶん大勢参加されて150名以上おられたでしょうか
説明にも気合いが入りました。
posted by EX-Ricebreeder at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 飼料イネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

WCS研修会に行ってきました。(その1)

九州農政局主催のハイグレードWCS(稲発酵粗飼料)研修会に言ってきました。
そのことはまた後ほど、

新聞報道などによりますと平成23年度の新規需要米の面積は、WCS,飼料米、米粉用米を合わせて
5万ヘクタールに達した模様です。なかでも飼料米の伸びが顕著で前年の2.5倍の2万6千ヘクタールに達しているとのことですが、九州ではWCSも伸びており、熊本、宮崎で約1.5倍になり、この2県だけで合わせて9000ヘクタールに達しているとのことでした。
posted by EX-Ricebreeder at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼料イネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

飼料イネ、飼料米の資料が公開されています

農研機構のサイトで,飼料イネ、飼料米についての様々な技術資料が公開されていて、誰でも利用することができます。

その一部を紹介します

九州沖縄農業研究センターが公表している、

稲発酵粗飼料品種「ルリアオバ」の2回刈り栽培マニュアル(PDF)
http://konarc.naro.affrc.go.jp/kankou/manual/02_tmr/ruriaoba_2harvest.pdf
(私たちが開発した2回刈り専用品種「ルリアオバ」の栽培マニュアル、南九州向けです)


焼酎粕濃縮液の発酵TMR(混合飼料)調整と給与技術マニュアル(PDF)
http://konarc.naro.affrc.go.jp/kankou/manual/02_tmr/rice_slug_mix.pdf

畜産草地研究所が公開している、

飼料用米の生産・給与技術マニュアル<2010年度版>
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/project/jiky-pro/jikyu-d/manual.htm
(飼料米の生産から給与までの総合的なマニュアルです。)

平成22年度飼料イネの研究と普及に関する情報交換会資料
http://nilgs.naro.affrc.go.jp/pub/kenkyukai/shiryoine/2010_index.html
(昨年末に開かれたこの検討会は私たちも出席しました)
posted by EX-Ricebreeder at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 飼料イネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。