2012年11月19日

「にこまる」4年連続入賞なるか?第6回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテスト決勝大会進出者決定

山形県庄内町主催の第6回あなたが選ぶ日本一おいしい米コンテストの決勝大会進出者が発表されています
http://www.town.shonai.lg.jp/hp/page000010400/hpg000010361.htm

応募総数366点から選ばれた,一般部門30点、高校部門6点がノミネートされています。
うち「にこまる」は一般部門に2名(徳島と高知の農家の方),高校部門に1点(長崎)入っています。

「にこまる」はこのコンテストでは,第3回から3年連続でベスト6に入る実績を上げています。
http://www.town.shonai.lg.jp/ct/other000010000/komeconrekidai.pdf
今年はどうでしょうか?本選の結果に注目です。
posted by EX-Ricebreeder at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | にこまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

第14回 米・食味分析鑑定コンクールに「にこまる」が複数ノミネートされました。

第14回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会(米・食味分析鑑定士協会主催)が11月の22日から長野県木島平村で開催されます。

例年数千点の応募があるこの大会、昨年の記事で書いたように「にこまる」が昨年は好成績を収めました。

食味計での予備審査の結果、本選にノミネートされた結果が11月17日に発表されました。
http://www.syokumikanteisi.gr.jp/14-nomine-to.pdf
その結果を簡単にまとめてみました(数字はノミネート点数)。
--------------------------------------------------
・国際総合部門
 コシヒカリ:31
 ひとめぼれ:5
 にこまる:2(うち九州1)
 てんこもり:1
 夢ごこち:1
--------------------------------------------------
・都道府県代表 お米選手権
 コシヒカリ(BL含む):15
 にこまる:7(うち九州3)
 夢ごこち:2
 夢の華:2
 ミルキークイーン:2
 (各1:はえぬき、ササニシキ、ササシグレ、農林48号、ななつぼし、たきたて、ミネアサヒ、つがるロマン、豊コシヒカリ、彩のかがやき、ヒノヒカリ(うち九州1)、きぬむすめ、台粳16号)
---------------------------------------------------
・その他部門(低・中アミロース部門以外)
 コシヒカリ(BL含む):9
 にこまる:2
 (各1:はえぬき、ひとめぼれ、さがびより(うち九州1)、ササニシキ)
----------------------------------------------------
・高校生部門 お米甲子園
 コシヒカリ:8
 にこまる:3(うち九州1)
 ひとめぼれ:2
 (各1:さがびより(うち九州1)、きぬむすめ、みつひかり、つがるロマン、ヒカリ新世紀、あいちのかおり、さとじまん)

---------------------------------------------------
「にこまる」は昨年を上回る数の検体が本選にノミネートされ,本選結果に大いに期待が持てます。
posted by EX-Ricebreeder at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | にこまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えびの市米・食味コンテストで「にこまる」が好成績

土曜日だがえびの市に出張しました。今年5回目のえびの市行きです。
えびの市米・食味コンテストの審査員を務めてきました。

ここは「にこまる」の産地化に取り組んでいる人たちがいて、今年20haを作付けしました。
米・食味コンテストの結果です。
------------------------------------------
第8回 えびの市米・食味コンクール結果
 出品数:ヒノヒカリ156点、にこまる30点
 食味計等で予備選考を行い、最終選考に5点が選出されました。
 (なんと、そのうち4点が「にこまる」でした)

 そして、70名の審査員が(流通関係者含む)食べ比べた結果、最優秀賞にその中から「にこまる」が選定され、さらに優秀賞:にこまる3点 ヒノヒカリ1点という結果になりました。

P1030373b.jpg
----------------------------------------------------------
特別審査員の(株)ミヤベイ直販業務部長S氏のコメントです。
・最終選考に残った5点はいずれも甲乙付けがたいほどレベルが高い
・宮崎経済連と県関係者で,先日県産米の品質評価会を行った。その結果を一部紹介したい。
  にこまる(えびの産):アミロース18.5% タンパク質6.1% 食味値81点
  (参考)魚沼コシヒカリ:アミロース18.4% タンパク質5.8% 食味値82点
・食味の面で「にこまる」の評価は非常に高かった。一等米比率も(ヒノヒカリに比べて)高く、全国で18府県で作付けされるなど知名度が最近上がってきている。非常に売りやすい品種であるので、今後ぜひ作付けを伸ばして欲しい

----------------------------------------------------------
JAえびの組合長のコメントです。
・えびの市の含まれる宮崎県霧島中央地域の作況指数は93,はっきり言って不作だった。その中で「にこまる」を作った方の中には21袋(×30kg)/10a取った方も何人かいらっしゃる。
・一等米比率は,えびの市全体で13%,ほとんどが二等米、その中で「にこまる」は、一等米比率78%とたいへん健闘している。
・「にこまる」の課題は食味(値)のばらつきである。平均の食味値は74(ヒノヒカリが71〜72)だが、最高85点から最低では65点の農家もいた,来年以降は施肥法の指導を強化する必要があると思う。
・「にこまる」作柄の悪い年にはっきりした結果を出したは、今後も作付け拡大に向けて取り組んでいきたい・

この1年、えびの市の「にこまる」作付け農家の皆様を応援してきましたが、この日最高の形でその結果を得ることが出来ました。
皆様のご尽力に「ご苦労様」と申し上げたいです。
posted by EX-Ricebreeder at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | にこまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

宮崎県えびの市の「元気な農業を目指す会」の皆さんと収穫前のにこまるの田んぼで

宮崎県えびの市の「元気な農業を目指す会」は2011年からにこまるの試作を始め、2012年は作付を拡大するとともに、産地品種銘柄の申請も行い、栽培指導も強化して「にこまる」を作付けしました。
P1030292.jpg
(写真はクリックで拡大します)

順調な出来映えで収穫の日も迎え、えびの市長さんも交えて関係者で記念撮影を行いました。
P1030306.jpg
品質、収量、そして食味がどうなるか楽しみですが、このきれいな熟れ色だと大変期待が持てます。作付農家の意気も大変高まっており、来年はえびの市全体で「にこまる」の作付が100haに達するとのことです。
posted by EX-Ricebreeder at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | にこまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

豊作の便り

長崎県で「にこまる」を栽培されている「ぽてと倶楽部」さん
前から面識があり,研究所を訪問されたりもしています。

この方はブログ名でわかるようにジャガイモをメインにしている農家さんで
稲の作付規模はそれほど大きくないのですが、無理をお願いして当方のパンフにも出て頂いたり、
通販先として紹介させていただいています。

規模は大きくないものの、毎年、お米(にこまる)は収穫前に予約完売するほどの人気です。

さてその方のブログを拝見したところ、今年は、減農薬減化学肥料で反収10俵を達成し、予約完売だったお米も、少し余裕が出て再度通販受付を開始されたそうです。
http://blog.goo.ne.jp/atcchin/e/11cdf8a9baabc29db6b3eabc1c6a83b9

にこまるの多収能力をうまく引き出して頂けたことは、私も嬉しく思います。
posted by EX-Ricebreeder at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | にこまる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。