2020年01月06日

育種についての一般向け書籍の紹介

大変良い本と感じたので、ここで紹介させてください。育種・品種に関係する本で、最近最大の収穫。タイトルはちょっとアレで、薄く、軽い新書だが、中身はすこぶる濃い、作者のサービス精神で、非常に平易な記述だが、内容は大変に深い。園芸作物を中心にした7つの章には、自らブリーダーである著者の矜持と、育種の進歩に対する全幅の信頼が詰まっている。全編を貫く公平な目線も特筆すべき。食と農に関心のある全ての人に読んでいただきたい良著として、育種家ハシクレの小生が全力推しします。「日本の品種はすごい」中公新書 


posted by EX-Ricebreeder at 21:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。