2011年12月28日

嬉しいニュース その2

(社)全国農業改良普及支援協会のサイトで、
http://www.jadea.org/

平成23年度普及活動全国コンクールの受賞優良活動事例
http://www.jadea.org/news/documents/H23pressrelease.pdf
を発表しています。

その中で、【農林水産省生産局長賞】を「新規需要米の省力栽培と県内流通体制の確立」
で静岡県中遠農林事務所が受賞しています。内容は、

@米の低コスト栽培技術の普及
A飼料用米の導入と省力栽培技術の普及及び県内流通の推進
B米粉用米の導入による良質な米粉製造と6次産業化の推進の課題

米粉用米としては、「ミズホチカラ」の栽培実証に取り組み、作付け増加を支援している。同時に、「ミズホチカラ」の米粉を原料とする新商品の開発と販売を、生産者、地元の製粉機メーカー、農家レストランをコーディネートして支援している。その結果「ミズホチカラ」の米粉を原料とするパン、菓子、麺など新商品が、生産者、地元製粉機メーカー、農家レストランなどの連携で開発・販売され、地域における6次産業化モデル体制が構築された。その結果、「ミズホチカラ」の米粉活用の6次産業化が進展している。ということです。

この地域の直売所「どんどこあさば」で紹介されている事例とも関係するのだと思います。
http://www.dondoko.jp/komeko.html
(また、飼料米も23年度はこの管内で133haまで作付が伸びているそうです。)

本件に関わっている皆様には,これまで面識はありませんが
ミズホチカラを採用いただきありがとうございました。
そして受賞おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。
posted by EX-Ricebreeder at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243063492

この記事へのトラックバック