2011年05月24日

香川の新しい高温耐性のイネ品種

香川県が独自に開発した水稲品種
「香系8号」
http://www.pref.kagawa.lg.jp/seiryu/8gou/pdf/kakei8gou.pdf

県から品種名やシンボルマークが募集されています。

昨年秋の新聞報道によれば
品質や収量・食味が「にこまる」と同等以上だとか?
http://news.shikoku-np.co.jp/kagawa/administration/201012/20101210000094.htm

公開されているデータを見る限り、「にこまる」との優劣は、
はっきりしないように思いました。

「にこまる」は「香系8号」が交配されて育種が始まった
2002年から各県での地域適応性試験に供試されて
非常の多くのデータが得られています。
それを元に、私たちは「品質、収量、食味が非常に
安定している」という評価を下しています。

それでも、「にこまる」が挑戦者に追われる立場になったということでしょう。
いつかは「にこまる」を越える品種も現れてくるでしょう。そうでなくては
農業技術の進歩はあり得ません。
posted by EX-Ricebreeder at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高温対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。