2010年12月02日

穫れない!!

収量調査が続いていまして、生データ数字も出てきているので
ざっと面積換算してみたら、驚くほど収量が上がっていません。

ヒノヒカリで480kg/10(反収8俵)を切っています
「にこまる」がかなり頑張っていますが540kg(9俵)前後かな?
(それでもヒノヒカリよりは1割は多収でした)

ヒノヒカリがここまで低収なのは、台風の直撃を受けた
2006年以来で、台風もなく、天気も良かった年としては
異例です。例年より1割は低い感じです。

やはり、今年の異常な高温が影響していると考えられます。

育種の立場としては、こういうときこそ、
この厳しい環境を逆手にとって、この中でも
収量を確保した優良な系統を選抜しなければ、
と思う次第です。

きっと、あるはずです。
さあがんばって選抜するぞ!

追記
同僚のM氏の試験区では、「にこまる」の施肥を工夫して
10俵弱の反収を上げた区もあったとか
(昨日の環境セミナーで発表していました)
栽培法でも、まだ対策技術はあると思います。
posted by EX-Ricebreeder at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 田んぼ仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171534858

この記事へのトラックバック