2013年04月14日

久留米拠点の一般公開

日曜の朝、ふと思い立って当研究所の久留米拠点に行ってみました。
高良山の麓、緑豊かなロケーションにあります。

ここは園芸専門の研究拠点で以前、久留米ツツジ(久留米が発祥)の研究をしていたこともあり,現在でもたくさんのツツジが品種保存されています。これから見頃を迎えるところです。
DSC00282.jpgDSC00273.jpg

さてこの久留米拠点では、来週4/20(土)に一般公開が行われます。
http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/03/045981.html
最新の植物工場の展示がメインということですが、イチゴの試食、花や野菜の苗プレゼント、子供向きのイチゴ狩り等も企画されています。ツツジの花見がてらお気軽にお越し下さい。なお、私は、米粉パンを会場で焼いて試食させる担当予定です。
DSC00277.jpg
なお、駐車場に限りがありますのでできるだけバス、列車でお越し下さい.久留米大学御井キャンパスのすぐ隣です。

http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2013/03/045981.html
posted by EX-Ricebreeder at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

食育ミニセミナー(博多大丸)

産学官連携に携わっている同僚から、今度の土日に福岡市で開催予定の
食育ミニセミナーの話を聞きました。

わりに小規模なイベントで、また直近ということもあり
研究所の公式ウェブに載せるのが間に合いません。
そこで,ゲリラ的にブログに書くことにします。

博多大丸×農研機構 農丸フード企画「食育セミナー」

●とき:4月13日(土)・14日(日) 各13時と15時の2回(約15分程度)
●ところ:博多大丸本館地下2階・時計の広場前特設コーナー(無料)
● 主催/(独)農業・食品産業技術総合研究機構、九州沖縄農業研究センター

イチゴ新品種 おいCベリーの秘密!

(演者)農研機構 九州沖縄農業研究センター
イチゴ育種研究グループ長
博士(農学) 曽根一純

おいCベリーは、7粒で一日分のビタミンCがとれる新品種。イチゴ品種開発者としての育成の歴史、おいしさの秘密、イチゴの機能などのお話をします。

短時間のセミナーです,お近くに寄られた方でご興味のある方はお立ち寄り下さい。
なお、本企画は5月以降も博多大丸で月一回開催予定です。
posted by EX-Ricebreeder at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

研究所のサイトで新しいコンテンツを公表しました

九州沖縄農業研究センターのウェブサイトでいくつか新しいコンテンツを公表しました

新年度を迎えて 〜成果を社会にいち早く還元し、新しい価値観を提案しよう〜
所長の新年度挨拶です。私のアイデアで放牧牛の近くで写真を撮りました。
http://www.naro.affrc.go.jp/karc/director/2013/046258.html

「放牧あか牛を食す会(赤肉サミットin熊本)」を開催しました。
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/pr_report/laboratory/karc/046093.html
上の所長挨拶でも触れられています、実需者も交えた,いわば研究成果の内覧会企画の報告です。

九州沖縄農業研究センターニュース No.43
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/karc/046230.html

おまけ
これは農研機構作物研究所のサイトからですが、最新の飼料イネ品種のパンフレットが公開されました
私も何品種化の原稿を書いています。
米とワラの多収を目指して2013-飼料用米、稲発酵粗飼料用品種-
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/laboratory/nics/material/046285.html
posted by EX-Ricebreeder at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

大麦新品種「はるか二条」 記者レクを行いました。

広報の仕事に変わって三日目。初めての大仕事が回ってきました。
多収で倒伏、穂発芽、病気にも強い二条大麦の新品種「はるか二条」の記者レクを行いました
共同通信他3社に来て頂き、資料投げ込みを見た1社から問い合わせがありました。記事になるといいなぁと思います。
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/karc/046148.html
posted by EX-Ricebreeder at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 品種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする